ネモナビ[管曲り測定装置]

非開削管路推進工事に於いて、工事中の推進位置の確認や、完成時の敷設状況の検証など、埋設管の設置位置を確認する事は大変重要です。 しかし、電磁誘導による誘導式センサーは10m以上の深度では測定不能となったり、 金属や電力線などの影響を受けるなど、測位が困難な場合が発生します。このような問題を解決する為、 当社ではジャイロセンサーによる管路測定システムを開発しました。

さらに2014年に全方向に対応したタイプVを新開発し、 本年2016年には国土交通省-新技術情報提供システム(NETIS)に登録されました。

特徴

1).小口径管の測定が可能
 (センサーユニット外径:φ39mm)


2).測定中にノイズの影響を受けにくい


3).現場で管路の状態を表示可能


4).センサーユニットの挿入、引戻し速度は任意


5).操作員1名、補助1名で測定が可能


適応範囲

  • 1). 液状化対策工法における管路の位置測定
  • 2). 土壌改良工法における管路の位置測定
  • 3). アースアンカー工法における管路の位置測定
  • 4). 埋設管(上下水、通信、電力、ガス等)の位置測定
  • 5). 土中障害物の位置測定
  • 6). 電磁誘導式掘進工法における管路の位置測定

装置諸元

タイプ タイプH タイプV※
測定精度 ±3/1000 in 50m ±1/1000 in 50m
センサーユニット寸法 外径φ39mm
長さ600mm
質量2kg
外径φ48mm
長さ700mm
質量3kg
測定データ出力 CSV形式
測定仰角制限 水平±45度以内 なし(360°可)
※タイプVのレンタルを開始致しました。お問い合わせはこちら

測定システム

装置構成

本システムは専用PCおよび測長コントローラ、センサーユニット、測長ユニット、送りワイヤーで構成されます。


専用PCおよび測長コントローラ

センサーユニット

測長ユニット

送りワイヤー

測定手順

1).専用PCに測長コントローラと測長ユニットを接続し測定ソフトを起動します。(操作手順はその都度パソコン画面に指示が表示されます)

2).センサーユニットの尾部に送りワイヤーを取付け、測定管口に差し込み測長ユニットを管口に取り付けます。

3).専用PCの表示に従い送りワイヤーを押し込んで、管の先端までセンサーユニットを移動させます

4).センサーユニットが先端まで届きましたら静止時間をとり、管の入口までセンサーユニットを引き戻します。(静止時間30秒)

5).測長ユニットを取り外しセンサーユニットを引き抜きます。

6).センサーユニットと測長コントローラを接続し、データを読み出し保存します。

7).専用PCの画面上に測定結果を表示します。

測定結果表示画面

管路長 30m 左曲がり0.2m 深さ7.3m

画面は平面図 (X-Y) 垂直断面図 (X-Z)


ネモナビに関するお問い合わせはこちら

本社工場